たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 11月14日まで(2週) | TOP | 11月21日まで(3週) »

2008年11月12日水曜日 いりこ焼き飯レシピ (はる雑記)

いりこ焼き飯

わが家の定番の焼き飯です。何の工夫もありませんが、レシピの要望があったので。
材料等はいいかげんですが、分量等のお問い合わせはご遠慮ください。
何度もトライして「自分家好み」を作り上げてください。

(材料)
いりこ(小さめがよい)…一握り
長葱…1本
卵…1個
ごま油…適宜
醤油…適宜
ご飯…茶碗2~3杯

(作り方)
一、長葱は、粗みじんに切ります。いりこは、特に何もしません。わが家で使っているのは2~3cmぐらいの小さなものです。なければ、 ちりめんじゃこでもいいですが、ウエットよりも干しちりめんじゃこの方が好ましいです。卵は、割って、軽く混ぜておきます。
二、ご飯はあらかじめ電子レンジ等で温めておきます。炊きたてよりは、少しさまして水気を飛ばした方がいいでしょう。
三、ごま油を敷いた中華鍋をしっかり熱します。もし揚げ油に余裕があるならば、まず、揚げ油をたっぷり入れて鍋を熱し、 なじませてから揚げ油を切り、そこにごま油を入れて熱します。
四、葱といりこを強火で炒めます。葱がしんなりしたら、卵を入れて焼き付け、葱といりこと混ぜ合わせます。
五、温めたご飯を投入し、しばらく放置。具が焦げそうならば、ご飯の上に退避。ご飯がしっかりと焼かれはじめたら、 具と混ぜながら全体を炒めます。
六、炒め合わさったと感じたら、醤油を鍋肌から回し入れ、鍋を振って、全体に色と香りを付けます。火を止めて、できあがり。

わが家では、大体薄味です。これだけを食べるよりも、おかずと一緒に食べるので、味をしっかりとはつけません。 使っているいりこに塩気があるので、それと醤油の香りぐらいです。味付けをしっかりするならば、ご飯を炒める最後の方で塩をふって混ぜ、 それから醤油を入れてください。最初の方で塩を入れると葱から水が出ます。
バリエーションとしては、桜えびを追加、魚醤(いしる、しょっつる等)を追加、胡椒をふる、などがあります。葱はやや多めでもいいですが、 いりこ焼き飯の場合は、できるだけシンプルな方が食べやすく、おいしく感じられます。
玉ねぎでは水が出ますので、扱いに注意です。
醤油、魚醤を使うのは、いりこの生臭さ(気になりませんが)をマスクするためです。

[はる雑記 |2008年11月12日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)