たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 2007年の妄想 | TOP | 炊飯用土鍋 »

2007年1月 1日月曜日 知っている人のものを食う (はる食日記)

2007年1月1日(月)
晴れ。寒く乾燥した新年。月曜日からはじまる新年。寝正月。
昨年の日記をまとめる。

今年は私と水底のおせち料理が上手にできたのでうれしい。
元旦のおせちは、煮しめが人参、ごぼう、芋がら、干したけのこ、蓮根、里芋、こんにゃく、干し椎茸、厚揚げ、昆布である。 味噌豚と鮭の幽庵焼き、高野豆腐、紅白なますは私。水底は、いくらの醤油漬け、黒豆煮、にしんの昆布巻き、牡蠣のオリーブオイル漬け、 豚のコンビーフのようなもの、海苔チーズ。完成品として購入したのは、購入したのは紅白のかまぼこと伊達巻きである。もちろん、 おせちは昨日までに用意していたものだ。
朝は、雑煮を作り、食べる。雑煮は、九州の実家風をちょっとアレンジしたもの。干しえびがなかったので、桜えびと佐渡の焼きあごを使用。 茨城のしゃものぶつ切り、北海道のするめ、静岡の桜えび、佐渡の焼きあごでだしをとり、愛媛の薄口醤油(国産大豆、小麦)、愛知のみりん (国産餅米)、兵庫の日本酒(国産米)、東京(小笠原)の塩にて味付け、実家から送ってもらった熊本の京菜という名の菜っぱ(小松菜風)と、 黒豆の長いもやし(水前寺もやし)、神奈川(小田原)のかまぼこを加え、秋田(大潟村)の餅を焼き、入れる。
今年も、できるだけ自分が知っている人のもの、できるだけ作っている人のことが分かるもの、近くのものを手に入れ、 できるだけ自分たちで加工し、食べていこうと思う。
この雑煮、毎年水底が、エスニックだ、ラーメンスープだという。たしかに、そういう味である。

食:14時、雑煮、おせち料理、ご飯(水底)、餅(私)。
食:22時半、ご飯、雑煮汁、おせち料理、ビール。

 

0101-010101-020101-030101-040101-050101-060101-07

[はる食日記 |2007年1月 1日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)