たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« ラーメンの日 | TOP | 2007年の妄想 »

2006年12月31日日曜日 かけそば、もりそば (はる食日記)

12月31日(日)
晴れ。夜は冷え込む。
早朝地震があったようだが、気づかずに寝ていた。夜、年賀状作り。
おせち料理にいそしむ。私は煮しめと高野豆腐の含め煮、紅白なますとすでに完成した味噌豚と、生鮭をいろいろすることであった。 水底は黒豆とにしんの昆布巻き。煮しめは、干したけのこ、芋がら、干し椎茸、人参、ごぼう、里芋、蓮根、こんにゃく、厚揚げ、昆布。 今年は里芋を米のとぎ汁と米ぬかで下煮してみた。

昼、鮭の中骨とはらすを焼く。数日前にワイルドソルトをふりかけておいたのだ。 昨日残っていたほうれん草ともやしときくらげとチャーシューを炒める。味噌汁は水底が大根と油揚げと葱でしたてる。 牡蠣のオリーブオイル漬けをいつのまにか水底がこしらえていた。水底の好物。
夜、ふつうの食事。おせちの端切れを食べる。かまぼこと伊達巻きは購入。あとはつくった。鱈の西京漬けは先日買ってきたもの。 味噌汁の残りに豆腐をがっつりと入れる。2006年の最後の食事。今年もおいしくご飯を食べられた。
年が変わったが恒例の年越しそばである。今年は実家から慣れ親しんだそば屋のだしと麺を送ってもらった。香りが少し飛んでいるが、 味の方向はもちろん同じである。これをかけそばで食べ、その後水底が冷たいそばを茹でてくれた。そばでおなかがいっぱいになる。
年賀状もできた。

食:12時、ご飯、味噌汁、鮭の中骨、鮭のはらす、 ほうれん草ともやしときくらげのチャーシュー炒め、豚のスペアリブのチャーシュー漬け、納豆、牡蠣のオリーブオイル漬け、いくらの醤油漬け、 黒豆煮
食:22時、ご飯、味噌汁、鱈の西京漬け、鮭のはらす、中骨焼き、昆布巻きの端切れ、味噌豚の端切れ、高野豆腐、かまぼこ、伊達巻き、納豆、 ビール。
食:26時、かけそば、もりそば。

1231-11231-21231-31231-41231-51231-61231-71231-81231-811231-91

[はる食日記 |2006年12月31日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)