たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 枝豆入りポテトサラダ | TOP | 熊本ラーメン(半生麺)と冷やし中華 »

2006年9月17日日曜日 約束の坦々麺 (はる食日記)

9月17日(日)
曇り。涼しい。自宅で仕事、プールにも行く。

アルゼンチンでM6.1の地震。

朝、水底が焼いたパン、トマトのスクランブルエッグ、いただきものの骨付きハム、なす、辛い豆腐スープでパンの朝食。 この辛い豆腐入りスープは豆シチューに鶏のゆで汁、豆腐、クミンなどをいれたものらしい。
昼、妹A、Kさん、私で中華料理店へ。ここはボリュームがあるので、3人ではちと多かった。苦しい。
そんななか、水底との約束で、夜に坦々麺をこしらえる。ところで、たんたん麺は、担々麺と坦々麺とどちらが正しいのだろう。それはともかく、 水底が鶏スープをとっていたのでそれを使うことにする。黒豚の挽肉、玉葱、生椎茸、にんにく、生姜、豆板醤、甜麺醤、醤油、ニョクマム、 ねり胡麻、すりごまを使って作る。麺は、横浜中華街の生麺。のせたのは茹でた小松菜と葱。辛くてとてもおいしく仕上がった。 水底にこしらえたのだが、一口食べてみてとてもおいしかったので、スープを分けてもらって、麺を茹でて食べる。

食:9時、パン、トマト豆腐スープ、トマトのスクランブルエッグ、生ハム、 なすのおかず、チーズ、バター、コーヒー。
食:12時半、前菜盛り合わせ(中華ソーセージ、鶏ハム、豚バラ冷製、くらげ、きゅうりの酢の物、ピータン)、豚バラ煮、生春巻き、 海鮮皿うどん、ご飯(外食)
食:21時、坦々麺。

0917-10917-210917-220917-230917-240917-3

[はる食日記 |2006年9月17日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)