たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 鶏の南蛮タルタル | TOP | かつおの刺身とそばを食べる »

2006年8月 5日土曜日 ということで飯を焼く (はる食日記)

8月5日(土)
晴れ、とても暑い。自宅で仕事。湘南では花火大会。

昼、焼きめしを焼く。最近、私の料理といったら、ラーメン、焼きめし、お好み焼き、焼きそば、うどん、キャベツ炒め…いいのか、 そんなことで。すっかり水底まかせである。
ということで、飯を焼くのだが、かまぼこ、卵、キャベツ、葱、にんにくと醤油。かまぼこはおいしい。あるものをいろいろのせて食べるので、 味は薄くしている。
夜は麺。水底である。そうめんと、いただきもののよもぎ麺、蒸し鶏に揚げなすと揚げししとうのマリネ。きゅうりの酢の物、刻みトマト、竹輪、 しそ、みょうが、生姜、葱、椎茸甘煮、それに、いりこでとっためんつゆ、柚子胡椒、辛子明太子などで麺をいただく。夕食は来客で3人分。

食:11時、焼きめし、味噌汁、辛子明太子、人参と干しぶどうのマリネ、 にがうりのぽん酢、椎茸の甘煮、タルタルソース。
食:21時半、そうめん、よもぎ麺、 蒸し鶏、揚げなすマリネ、きゅうりの酢の物、刻みトマト、椎茸の甘煮。

0805-10805-30805-40805-50805-6

[はる食日記 |2006年8月 5日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)