たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 夏でも熱い麺 | TOP | オムライスでご機嫌をとる »

2006年7月27日木曜日 焼きめしには卵があった方がいい (はる食日記)

7月27日(木)
曇り。蒸し暑い。新橋の事務所。

インドネシアでM6.0の地震

朝、焼きめしを焼く。竹輪、卵、いんげん、キャベツ、とうもろこしのシンプルな焼きめし。味付けは醤油。
夜は、そうめん。なすとしめじのぽん酢は、みょうがとしそが入ったそうめんのあて。なすは揚げられている。もろとろは、モロヘイヤのとろろ。 きゅうりは細かく刻んでめんつゆに入れる。それに、生姜、しそ、葱、海苔。水底のそうめんにかける情熱はすごい。

食:11時、焼きめし、味噌汁、とうもろこし、いか一夜干し。
食:22時、そうめん、なすしめじ、もろとろ、きゅうり。

0727-10727-20727-30727-40727-50727-60727-7

[はる食日記 |2006年7月27日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)