たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 体調が悪くなる気候 | TOP | 磯のラーメンを作ってみる »

2006年7月20日木曜日 うどんは薬であろう (はる食日記)

7月20日(木)
曇り、都心は降らず。新橋の事務所。

朝、バナナと夏みかんを食べて出る。
昼は、新橋の讃岐うどん屋にて、きつねうどんを食べる。だんだん体調が悪くなっているのである。
夜、引き続き水底。味噌汁は、いりこ、大根油揚げ。大根と鶏むね肉をさっと煮てくるる。なすの煮浸しや納豆。 妹が辛子明太子を送ってくれたので、それもいただく。

食:8時半、バナナ、夏みかん。
食:13時、きつねうどん(外食)
食:20時半、ご飯、味噌汁、大根と鶏むねの煮物、なすの煮浸し、納豆、辛子明太子。

0720-10720-20720-30720-40720-50720-60720-7

[はる食日記 |2006年7月20日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)