たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« めずらしく酩酊するまで飲酒 | TOP | 新潟駅新幹線ホームにて駅弁を購入す »

2006年7月12日水曜日 当然の二日酔いでもご飯のしたく (はる食日記)

7月12日(水)
雨ときどき曇り。佐渡。

昨夜、ご飯をしかけ、味噌汁のだしの焼きあごを用意していたらしい。刺身の残りで煮物をつくり、持って帰ってきた天ぷらを温め、 ゴーヤをひと茹でしてぽん酢和えにして、トマトを刻む。納豆を用意する。味噌汁は、豆腐と大根菜。ご飯をつくって6人に食べさせるが、 写真もろくに撮らず、1杯食べたところで、二日酔いであることを自覚する。しばらく休憩する。
昼は、お弁当。くだんのお弁当。配給である。
夜は、くだんの寿司屋に5人で行く。私は運転役なので飲まない。

食:8時半、ご飯、味噌汁、天ぷらの残り、海老とぶりの煮物、ゴーヤのぽん酢、トマト、 納豆。
食:12時半、お弁当、味噌汁(購入)
食:19時、ふぐフライ、握り寿司、押し寿司、漬物、

0712-10712-20712-30712-40712-50712-60712-70712-8

[はる食日記 |2006年7月12日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)