たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« めずらしい食卓、何がって食パンが | TOP | 当然の二日酔いでもご飯のしたく »

2006年7月11日火曜日 めずらしく酩酊するまで飲酒 (はる食日記)

7月11日(火)
曇り一時雨。佐渡出張。

朝、カレーを食べて出る。
昼、新潟港でそばとコロッケといなり寿司の昼食。ちょっと早いが船の都合で食べる。
夜、会費制宴会。くだんの寿司屋の2階にて。新潟、とりわけ佐渡の人はよく酒を飲む。極力ビールだけにしたが、それでも、 日本酒の杯を受け取らなければならない時がある。酩酊する。料理もいろいろ出たがゆっくりは食べられず、タイミングをみてかき込む。 もったいない。写真だけはできるだけとったが味が不明。子どもがひとりいて、 彼のためにおにぎりを注文してあったがほとんど食べずに帰ったので、そのおにぎりをひとつ食べた、と、思う。

食:6時、カレーライス、じゃが芋。
食:10時半、そば、コロッケ、いなり寿司(外食)
食:18時、海老と胡麻豆腐、刺身、うなぎ、ごぼうとなすと魚の煮物、天ぷらなど、ビール、日本酒(外食)

0711-10711-20711-30711-40711-50711-60711-7

[はる食日記 |2006年7月11日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)