たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 大根と煮たいか | TOP | ハッシュドポテト、ポテトチップ風 »

2005年11月10日木曜日 水餃子はすべてなくなり、たくらみはついえた (はる食日記)

11月10日(木)
晴れ。新橋の事務所に出る。
朝、餅を焼く。餅は久しぶりだ。水底は餅を食べないので、私だけのときに餅を焼くのだ。
昼、新橋の事務所の近くにインドカレー屋があって、以前から気になっていた。はじめて入り、マトンカレーを注文。なかなか量が多いのは好感。 ご飯は日本米。玉葱のピクルスはキムチ風。カレーは、手作りだが、すごくおいしいというよりも、日本人好みにしたててある。ちょっと残念。 もっと本格的な方が好きだからだ。
夜は水餃子。水底がこしらえた。具は、炒めた豚肉、白菜、干し椎茸、蓮根、生姜。豚肉を50グラムぐらいしか使っていないが、おいしい。 肉ではない、うまさは別なところにあるのだ。味噌汁は、葱、油揚げ、大根葉、いりこ。豆板醤は夏に東北で買ってきた国産のものを使用。 ちょっと味噌っぽい。黒酢、酢、醤油などでいただく。水餃子はすべてなくなり、 明日のこりを焼き餃子にしようという水底のたくらみはついえたのだった。

食:9時、餅、いかと大根の煮物。
食:13時、マトンカレー(外食)
食:20時、ご飯、味噌汁、水餃子、茹でブロッコリー。

1110-1 1110-2 1110-3 1110-4

[はる食日記 |2005年11月10日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)