たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« 1999年4月4週 | TOP | 1999年5月2週 »

1999年5月 7日金曜日 1999年5月1週 (はる食日記)

1999年5月1日(土) 晴
メイ・デイ。緊急事態ではない。労働者の日である、はずである。が、どうやら最近の日本では、権利を主張するとか、 義務を履行するという労働者はあまりいないようだ。それに、怒らない。失業しても、怒らない。ねえ、どこかで労働者の集会が開かれていましたか?  私は、すでに自営業というか自由業だから、関係ないけれど、労働者が怒り狂ってもいいような状況にあると思いませんか?
5月がはじまりました。今月も楽しくいきましょう。とりあえず忙しいけど。
5月1日になったばかりの午前3時、小腹がすいたので、インスタントラーメンをつくる。キャベツをたっぷり入れ、海苔を焼いて添えたもの。
明け方眠りについて、朝食は、ご飯、ポテトサラダ、キャベツとソーセージの炒め物、人参と里芋、サツマイモとカブ、かぶ菜と油揚げの味噌汁、 納豆を食べる。
ところで、このとき大変なことが発覚。通常、我々はコメを20kg単位で購入し、10kgを切ったところで次を頼んでいるのだが、なんと、 このご飯でコメが切れてしまった。バリ島に行ったり、風邪を引いたりしているうちに感覚がにぶっていたのだ。ひゃあ。
あわてて生産者に注文するが、とりあえずのコメがない。しかたなく、 コメを買いに行く。産地指定、生産年98年産指定、品種はササニシキとして、一安心。ちょっとコメの質が悪く、シラタが多かったが、 やむを得まい。大いに反省する。
夜は、水底が、昨日、タケノコを糠で煮ておいてくれたので、それを使って料理しようと考える。水底に焼きアナゴが届いたので、ちらし寿司に決定。 まず、タケノコと人参、干し椎茸を椎茸だしに醤油、みりん、日本酒で煮る。さらに、インゲンをゆで、混ぜておく。ご飯をややかために炊き、 炊きあがったら飯台に移して、酢、砂糖、塩の合わせ酢を入れながらかき混ぜ、具を入れてさらによく混ぜる。錦糸卵をつくり、海苔を切り、 アナゴを刻んで上にまぶす。吸い物は、カツオとコンブだしで、豆腐、ちくわ、チンゲン、人参のお吸い物。これと残っていたポテトサラダで、 とにかく寿司を食べる。ほぼ3合が消える。

届き物(実は30日):焼きアナゴ。

購入:コメ5kg、インゲン。


食:3時、インスタントラーメン、ご飯。
食:14時、ご飯、味噌汁、ポテトサラダ、キャベツ炒め、納豆。
食:23時、アナゴ混ぜ寿司、豆腐の吸い物。

アナゴ寿司。タケノコ入り


 

5月2日(日)晴
1日、仕事をする。仕事のゴールデンウィークなのだ。例によって明け方まで仕事をしていたので、昼過ぎに起きる。
とりあえず、残りご飯少々をキャベツとニンニク、卵と醤油で焼きめしにする。それと、残り寿司では足りそうになかったので、ご飯を3合炊く。 ワカメ、タケノコ、豆腐の味噌汁をつくる。塩もみキャベツのマヨネーズ和えをつくる。タケノコ、干し椎茸、カブ、油揚げ、 インゲンの煮物をつくる。
夜は、マッシュルーム入りペペロンチーノとご飯に昼の残り物。

届き物:夏みかん。

食:14時、ご飯、寿司残り、アナゴ残り、タケノコとカブの煮物、味噌汁、キャベツサラダ、 焼きめし。
食:23時、ご飯、マッシュルーム入りペペロンチーノ、タケノコとカブの煮物、アナゴ残り。

タケノコとかぶの煮物。年に1本ぐらいは食べよう

キノコ入りペペロンチーノ

 


 

5月3日(月) 曇り
ねむい。水底の作品づくりを手伝う日。折ったり、重ねたり、張ったり…。
水底のリクエストで、起き抜けはそうめん。干し椎茸、鰹、昆布のだしに薄口醤油と日本酒とみりん。これに、人参葉のオムレツを添える。
夜は、水底妹が手伝いに来たので、3人分。大根おろしとジャコの合わせ、キャベツの塩もみマヨネーズ、 豆モヤシを茹でてニンニクとごま油と塩で味付けしたナムル、インゲンの含め煮、チーズ入りオムレツ、サツマイモと里芋と小松菜の味噌汁。

購入:ジャコ、塩引き鮭、豆モヤシ、ジャガイモ、カキピー、アイスクリーム、ヨーグルト、アメ、 ガム、マヨネーズ。

食:15時、そうめん、ご飯、オムレツ。
食:22時、ご飯、味噌汁、おろしジャコ、ナムル、キャベツマヨ、納豆、インゲンの含め煮、チーズオムレツ。

 


 

5月4日(火) 雨
ちょっとの睡眠だけで、同人誌出品会へ。私が以前に書いたSF『みどりっ子』を読んで感動したと言ってくれる方がいた。ありがたいことである。 そのうち、また何か書こう。
食事の方は、朝、コンビニでパンとおにぎりとヨーグルトを購入。水底は、そばを購入していた。昼は、喫茶店のカレーライス。水底は、ナポリタン。 喫茶店ならではの味。ご飯がまずい。
夜、帰宅後、ご飯を炊き、塩鮭、茹でキャベツ、昨日の味噌汁に大根と人参を加えたもの、納豆で食べる。ようやくまともな食事となる。寝る。

食:9時、コンビニオニギリ、パン、ヨーグルト(私)、コンビニそば(水底)
食:14時、カレーライス(私)、ナポリタン(水底)
食:20時、ご飯、味噌汁、納豆、塩鮭、茹でキャベツ。

 


 

5月5日(水) 晴
友人の新居に遊びに行く。午前中、家でもっていくものの準備。丸鶏に茹でてつぶしたジャガイモとニンニクと一緒に炒めたタマネギを塩・ コショウで味付けして詰めたものを、オーブンで焼く。ココアマフィンを焼く。塩もみキャベツマヨネーズ和え(コールスロー)を山ほどつくる。 これに、丸鶏のグレイビーソース、水底手作りバジルソースと手作りママレード、購入したバケット、残っていたご飯、バターを持って車で出発。
予定よりやや遅れて到着し、すでに一組の客は帰ったあとだった。主ともうひとりが残っていたので、4人で鶏にかぶりつく。
4人だと、丸鶏1羽がちょうどよいサイズ。ゴージャス感があってよい。
本日の食事はこれだけ。昨日までの疲れが出て、帰宅後とっとと寝る。

購入:バケット。

食:15時~、丸鶏のマッシュポテト詰め、バケット、ご飯、コールスロー、ビール、お茶など。

 


 

5月6日(木) 晴一時雨
午前中布団を干したら、突然空が曇りはじめ雷が鳴って雨となる。あわてて布団を取り入れる。外出する予定だったのが月曜日に延期となり、 自宅で仕事。たっぷりすることがあるので問題はない。やれやれ。
米が届く。うれしい。一緒に種もみも入っていた。これで、バケツ田んぼをやるのだ。詳しくは、提携米ホームページを。
昨日の鶏の残りを持ち帰ってきたので、残った肉を削ぐ。実にうまそうだ。パンがあればサンドイッチにするところだが、ここはご飯のおかずになる。 ご飯を炊くとともに、一昨日のご飯が残っていたので、タマネギと鶏肉でオムライスをこしらえる。味噌汁は、大根とジャガイモとチンゲン菜。 大根おろしとジャコを和える。
夜は、水底。かつおと梅肉を和えたもの、ごま、ジャコと大根おろし、 大根葉を茹でて千切りしたものを茹でたスパゲッティにお好みで合わせて食べる。なかなか涼しくてよい。味噌汁はワカメとジャガイモ。それに、 タマネギとジャガイモのポテトサラダ。

購入:お好みソース、うどん(乾麺)、そうめん、葱、ヨーグルト。

届き物:米20kg、餅。

宅配:レタス、キャベツ、大根2本、カブ、ジャガイモ3kg、キュウリ、ニラ、レンコン、イチゴ、レモン、豆腐、油揚げ、納豆たくさん、 豚バラブロック、国産小麦スパゲッティ、こんにゃく。


食:12時、ご飯、オムライス、コールドチキン、味噌汁、大根ジャコ、塩辛い塩鮭の残り (当分続く)。
食:20時、ご飯、おろし梅肉スパ、ポテトサラダ、味噌汁、コールドチキン、塩鮭。

 


 

5月7日(金) 晴
快晴。布団を干す。すばらしい天気。夕方からパソコンを買いに新宿へ。仕事である。2台のラップトップを購入するので、大変だ。 ふたりの方のそれぞれの好みに合わせるため、少々時間がかかる。やむを得ない。
しかし、本当に小さくなった。明るく、軽く、早くなった。技術的な進歩はデスクトップ機よりもラップトップ機で実感できる。
私は、型落ちの中古品でも探そう。
ご飯は、午後、キャベツと豚バラ肉を使って広島風お好み焼き(麺なし)をつくる。夜は、水底が、 ニラとキャベツと豚バラ肉を使って水餃子をこしらえる。手や腰や肩が痛いとか言っていたのに、食欲に負けて皮をこしらえていた。 水餃子を茹でながら食べたのだが、それに合わせて、ワカメとレタスをしゃぶしゃぶにして食べる。たれは、ねりごま、醤油、酢、豆板醤、 レモンの合わせ。

購入:シュウマイ。

食:14時、広島風お好み焼き、ご飯、味噌汁の残り、ポテトサラダの残り。
食:22時、ご飯、水餃子、シュウマイ、ポテトサラダの残り、ワカメとレタスのしゃぶしゃぶ。

水餃子。土鍋でぐつぐつゆだっています

[はる食日記 |1999年5月 7日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)