たべたりだしたりこなしたり
| TOP | inawara.com | わたしの食事PJ | 水底亭厨房 | はるのSF書評 |

« バリ食用語解説 | TOP | 1998年7月3週 »

1998年7月18日土曜日 1998年7月2週 (はる食日記)

唐辛子

唐辛子の醤油煮。なんでも、東南アジア料理になる?

 


 

1998年7月12日(日) 曇り
インドネシア・バリ島より帰国。東京は涼しい、いや、寒いくらいだ。聞くと、昨日までは暑かったらしい。3週間ぶりに自宅に戻り、とりあえず、 ご飯を炊く。旅行中、一度も日本食が食べたいと思わなかったのは、バリ島のご飯がコメを中心にしたおかずで構成されていて、味もよく、 あきなかったからだ。しかも、野菜や果物をたっぷりとったので、国内で外食するのと異なり、体調がすこぶるよかった。
一段落して、国民としての権利を行使しに参議院議員選挙へ。このために帰ってきたようなものだ。

食:6時、機内食。
食:13時、ご飯、豆腐とわかめの味噌汁、納豆、梅干し、クルプック(エビ入り揚げせんべい)、キャベツとソーセージの炒め物、 インスタント韓国和え麺。
食:20時、ご飯、豆腐とわかめの味噌汁、梅干し、クルプック、インドネシア風厚揚げのカレー、 ゴーヤとキャベツとモヤシの炒め物を昼のインスタント麺に和えたもの、キャベツのココナッツフレーク和え、キャベツとソーセージの炒め、 青唐辛子の醤油煮。

厚揚げのカレー… ココナッツミルクの甘みとタマリンドの酸味、それにトラシ(エビ味噌)のコクが中心のシンプルなカレー。ニンニク、タマネギ、ショウガ、 レモングラス、クミン、バイマクルート(コブミカンの葉)、唐辛子、塩、こしょう、パームシュガーが材料。

厚揚げカレーを作ろう!

厚揚げカレー

 


 


7月13日(月) 曇り
今日も寒い。明け方、ワールドカップの決勝を見る。夜明け頃ふたたび眠りについたが、東京の朝は、せいぜいカラスが鳴くぐらいで音がしない。 一昨日まで、鶏をはじめ、様々な鳥や、生き物の鳴き声が時間とともに移りながらも1日中聞こえてくる生活をしてきたので、とても違和感がある。 静かな、生命の気配がない朝。いやだなあ。
軽いSFを読んだり、パソコン通信のログを読んだり、散歩をして過ごす。

食:11時、タイのジャスミンライス、厚揚げのカレー、昨日の麺の野菜和え、キャベツ炒めの残り、クルプック、青唐辛子の醤油煮。
食:20時、ナシゴレン(インドネシア風チャーハン)、中華風野菜のあんかけ煮、クルプック、青唐辛子の醤油煮、豆腐と大根菜の味噌汁。

ナシゴレン…キャベツ、タマネギ、ニンニク、 豚バラ肉、豆もやしを炒め、ご飯を炒め、インドネシアの調味料で味付けしたもの。目玉焼きを添え、青唐辛子の醤油煮、 クルプックなどとともに食す。

中華風野菜のあんかけ煮…
ゴーヤ、タマネギ、ナス、人参、インゲン、キュウリを炒め、 鶏ニンニクスープで煮込み、オイスターソースなどで味付けしてからあんかけにしたもの。

 


 


7月14日(火) 曇り
日本に戻ってから、太陽も、月も見ていない。薄曇りのままに夜が明け、日が暮れ、夜になる。しかも肌寒い。
昼、近所の台湾料理店へ。15日で店をたたむというので行った。一品一品がとてもやさしい味で、台湾の家庭料理という感じが好きだったのだが。 さすがに混んでいて、急がしそうだった。店を切り盛りしてきた女性は台湾に戻るのだろうか、それとも。
深夜、アイザック・アシモフのSFを読んで過ごす。寝たのは明け方であった。すぐに夜更かしの生活に戻るのはなぜだろう。

食:13時、定食(豚角煮と青菜、豆腐サラダ、コーンスープ、ご飯)、餃子(エビとおまけで精進)、皮蛋豆腐。
食:20時、ご飯、韓国風味噌汁、野菜のあんかけ煮、青唐辛子煮、大根菜と油揚げの炒め煮、豆モヤシナムル。

韓国風味噌汁…昨日の味噌汁に、 鶏ニンニクスープを加え、豆もやしを入れ、コチュジャンで味をまとめたもの。

豆モヤシナムル…
豆モヤシを茹で、塩、ごま油、おろしニンニクで味をまとめたもの。

 


 


7月15日(水) 曇り
天気予報のうそつき! 今日も太陽が見られなかった。
食:11時、田舎親子丼風ナシソトアヤム、モヤシナムル、青唐辛子煮。
食:16時半、スパゲッティナストマト(ナス、トマト、鶏スープ、椎茸、インゲン、豚肉)、ご飯。
食:22時、ソトアヤム。

田舎親子丼風…
ほうれん草と椎茸を鶏スープで煮、さらに溶き卵を加え、醤油、 みりんなどで味付けした汁をご飯にかけたものが、田舎親子丼。それを少々インドネシアのナシソトアヤム(ごはん、鶏スープ)風にしたもの。 ややこしい? おいしければよし。

ソトアヤム… 鶏ニンニクスープにスパイスを入れ、春雨、ゆで卵、キャベツの千切り、鶏肉を器に入れたものにスープを注ぐ。

ナススパゲッティ

ソトアヤム

 


 


7月16日(木) 雨
寒いよお。まだ日本の太陽が見えない。

食:8時半、ナシソトアヤム本格派。(私)
食:10時、ナシソトアヤム(水底)
食:12時、サバ焼き定食(味噌汁、冷や奴、おしんこ付き)800円(私)
食:19時、チーズ入りパン150円(水底)
食:21時、ご飯、豚バラ肉入りカレースープ、ナスと油揚げと椎茸の炒め煮、ポテトサラダ、キュウリのナムル、インゲンと人参白ゆで。

 


 


7月17日(金) 雨のち曇り

夕飯は気合いを入れて料理する。1時間勝負。ほぼ予定通りだったが、予定外は、中華スープ。 鶏のミンチにショウガ、ニンニク、クミン、タマネギ、小麦粉などを混ぜた具が余ってしまったために急きょ作ることにした。 干し椎茸と醤油ベースに、ごま油を加えて、あっさり味のスープとなった。

食:12時、ビーフンスープ。
食:21時、ご飯、豆モヤシのナムル、キュウリのナムル、ナスと油揚げとゴマの炒め煮、キュウリと人参入りポテトサラダ、唐辛子煮、塩鮭、 キャベツの塩炒め、鶏ミンチのパブリカ&青紫蘇包み、鶏ボールとレタスの中華スープ。

ビーフンスープ… 昨日の豚バラ肉入りスープにゆで卵が仕込んであり、それにインゲン、人参を加え、ビーフンを茹でたもの。

 


 


7月18日(土) 晴

わーい、晴れた。洗濯だ。今日は、名古屋から友人が来て、 一緒に農業フォーラムを聞きに行くのでお弁当をつくる。留守番・水底の分も合わせて3つだ。朝から気合いを入れる。と言っても、 昨日のオカズをベースにするのだが。

食:12時、お弁当、ご飯、梅干し、唐辛子煮、海苔、鰹節醤油、ほうれん草のおひたし、カボチャのニンニク焼き、ナスと油揚げの炒め煮、 ポテトサラダ、鶏ミンチのパブリカ&紫蘇包み。
食:21時、ご飯、ポテトサラダ、油揚げ焼き、鶏ボール入りレタススープ溶き卵と韓国春雨入り。

鰹節…我が家では、鰹節削り器が大活躍。朝、 カシュカシュっと必要なだけ鰹節を削って醤油をちょいとたらすと、ものすごく良い香りがする。食欲増進にこれが一番。

油揚げ焼き…油揚げをグリルでこんがり焼いて、 醤油をつけて食べる。うまい!

[はる食日記 |1998年7月18日 ]

Copyright 丸目はる & 水底沈 E-mail:monita@inawara.com
(スパムメール防止のため、@を全角にしています。メール送信の際は半角英数の@に戻してください)